筋骨格系キネシオロジーと東洋医学のハイブリッド治療

基本治療(45〜60分)8000円(税別)※学割制度あり

eスポーツ障害、eSPORTSアスリートに特化した治療コース。

◉長時間プレイによる身体の痛み
◉眠れない/眠りが浅い
◉手腕の痛みで、思い通りのタイミングで操作できない

 

筋骨格系キネシオロジーと東洋医学のハイブリッド治療で、身体と脳にアプローチ。疲れや痛みによるパフォーマンス低下を感じるeSPORTSアスリートに、筋瞬発力と脳力回復を促す治療をします。

 

なぜ “eSPORTS障害” には、ハイブリッド治療が有効なのか。

 

eSPORTSアスリートに求められる能力は、大きく2つあると考えます。

1、脳力 (総合的かつ瞬間的な判断力)

2、筋操作力 (瞬発力を含めた、繊細で正確な筋コントロール力)

 

プレイ中、イメージ通りのタイミングでコントローラーを操作するには、この2つの脳力が必要不可欠です。

 

プレイ中のコントロール操作は、

(判断・指示)→神経(伝達)→筋肉(反応)という指示系統です。

 

当然、脳での判断・指示が遅れれば伝達は遅れ、筋反応も遅延してしまいます。

逆に、筋肉に痛みや疲れがある場合、たとえベストのタイミングで脳からの指示が出力されたとしても、その指示通りの動きを筋肉が再現することができず、反応が遅れることもあります。

 

eスポーツ専門治療では、筋疲労を取り去ることはもちろん、同時に筋反応スピードの改善に向けた脳トレを行います。

 

◉脳を休ませるために、副交感神経 優位へ

また、eSPORTS障害の1つとして、自律神経の乱れによる睡眠障害が心配されていますね。

脳を休息を与えるには、睡眠が必要です。

 

自律神経は、交感神経(戦闘態勢)と副交感神経(休息時)から成り立っています。

一般的には、

交感神経優位:戦闘態勢

副交感神経優位:休息時

と言われています。

 

プレイ中は、脳力を使って判断/指示を繰り返し、アタマはフル回転状態。

交感神経の興奮状態が続きます。

また、ブルーライトによる視覚への刺激により、交感神経が優位になるという研究もあります。

 

身体は休みたいのに、脳が休むことができない…

交感神経優位の状態が続いていたため、自律神経のコントロールが上手にできなくなってしまい、電源オフって寝ようとしても、すぐには眠れません。

 

しっかりとした睡眠で脳を休めるため、ハイブリッド治療では、副交感神経優位にスイッチが切り替わるように、お灸を使った治療を行います。

熱っ!ってならない程度に、ほんわり温かい、やわらかいお灸です。

お灸を据えている最中に、気持ちよくって寝てしまう方もいらっしゃいます。

 

 

eスポーツ特有の悩みには、キネシオロジーと東洋医学のハイブリッド治療がオススメです!