理想のスイングに近づけないのは、

練習不足でも、

道具でもなく、

あなたの筋肉のせいかもしれない。


おかげさまで、当センターを開業してから、ゴルフのレッスンプロやコーチ、トレーナーなど、ゴルフに関わる方々とお話させていただく機会が増えました。

みなさん共通して、

「自分のカラダの動きをコントロールできない人」が

ゴルフの上達が難しいとおっしゃっています。

 

最近のレッスンでは、ハイスピードカメラでスイングの映像を確認したり、トラックマンなどの計測機器を使ってスイング解析を行うことで、スイングの修正課題はより明確になってきました。

アタマの中では、求める動きは理解できている。

でも、実際にスイングでは再現できない…

 

そうです。

思い通りにカラダを動かせないんです!

 

「自分の筋肉が上達の邪魔をしているかもしれない」

ということです。

 

原因としては、可動域不足、間違った筋肉の使いかた、筋力不足、怪我や四十肩・五十肩などの後遺症など、さまざまな可能性があります。

 

ゴルファー専門治療コースでは、

スイングに必要な関節可動域や筋力を「TPIのスクリーニング」にて、細かくチェックし、「どの関節や筋肉が原因なのか」を徹底的に洗い出します。

そして、原因となる部分の治療を行い、筋肉の柔軟性と関節の必要可動域の改善をします。

そして、それぞれの筋肉が理想的な運動パターンを起こすように、脳と筋肉の再教育を行い、動かし方の修正をします。

 

理想のスイングに近くために必要な要素の一つとして、

「筋肉を思い通りに動かせること」

UNDER CONTROL

 

ゴルフ上達への近道というか、必要不可欠な要素だと考えています。

 


 
 

中央区築地のゴルフ整体 キーポイント築地治療センター